Posted by at

2014年04月28日

2014春のトリ沖 4月27日編

今日がいよいよ2014年春のトリ沖の最終日。
朝6時前に起きて準備しました。
そう、今日は早朝ダイブを予定しているからです。

朝、Sakiさんをホテルでピックアップ。
明らかに疲れています。
そりゃそうですよね。
昨夜は日付が変わるまで飲んでいたので…face11
ポイントへ行く車中、ゆっくり休んでもらいました。




45分くらい走って到着したのはおなじみ大度海岸。
ここのインリーフで潜りますface02




「さあ、Sakiさん、気合を入れて潜りますよー」

「うん、そうする。」
(でも背中には疲労感が… face11




平均水深2m。
スノーケリングでも楽しめる水域。
でも熱帯魚がたくさんいて水槽で潜っている感じ。
ぼくの大好きなポイントです。
今日はウミガメもいましたよ。
こんな浅瀬のインリーフに。
もう、びっくり☆




片付けを終えたところで、栄養ドリンクを一気飲み。
今日はこのあと体験ダイビングのメニューが入っているからです。
ゲストは20歳の女性お二人。
気合入れなきゃicon09




「ゲストをこれからピックアップに行きますね。」

と、助手席を見たら、Sakiさんはすでに寝息を立てて寝ていましたface11




「おはようございまーすface02

か、かわいい…face05

集合場所で彼女たちと会って、急にテンションが上がったぼくとSakiさん。
二人はなんと現役女子大生。
琉球大学の医学部に在籍。
将来は女医さんに。
紹介してくれた沖縄の友人に感謝です!

強風が吹き荒れるこの海況でゆっくり体験ができるのは、万座ビーチのインリーフicon103
ということで、国道58号を北上。
車内はおしゃべりが弾みました。
Sakiさんもいつの間にか元気に!
もう仕事を離れて、心底楽しかったです。

ランチは瀬良垣のお菓子御殿で。
ここで申込書など記入してもらいました。




潜る前に入念なストレッチ。
二人とも若いし、水泳をやっているので、カラダが柔らかいっ






台車に器材を積んで、エントリーの場所まで。
万座ビーチホテルはぼくが23年前に働いていたところ。
こうやっていつも台車を転がしていました。
いやー、当時を思い出しますねー(^。^)




さあ、今回のファイナルダイブ。
疲れなんてありません。
むしろ一番気合が入っているかもface15
(冗談ですよ…)






Sakiさんに見送られ、3人でエントリー。
二人とも落ち着いていたので、いろんな生物をたくさん紹介できましたface02






「あー、とっても楽しかったー」

「初めてだったけど、安心して潜れましたー」

潜ったあとは甘いものが食べたくなります。
なので帰りに万座ビーチホテルの近くにある、サータアンダギーのお店へ。
ここのドラゴンボールが絶品なのです。




「どんな味なんですかー、楽しみーface02




「あっface08

思わず声が出ちゃいました。
ドラゴンボールは売り切れでした。
残念…face14




このあと那覇空港に。
今日の夜便で帰るSakiさんをお見送り。

「いやー、タカさん、トリ沖まじで楽しかった☆」




そのあと女性陣をお送りしました。
一人になった途端、どーっと疲れが…icon15
明日は朝から片付けがあるし、今日は早く寝ようっと。

この時間帯、那覇市内はどんより曇っています。
天気予報ではこのあと大雨だそうです。
潜っている最中でなくてラッキーでした。
このホテルにも期間中、多くのゲストが滞在されていたなー。
みんな、今頃、福岡でいつもの生活をしているんだろうなー。
ぼくも明日からはいつもの生活に戻ります。
帰ったらすぐGWツアーの準備をしなきゃ。




ということで、2014年春のトリ沖はこれにておしまい。
ご参加いただいた皆さん、あらためてありがとうございましたface02


●ゲストの皆さんのコメント

今日の早朝ダイブも最高でした。
体験ダイブの女性が集合場所に来る前に、
タカさんが車内を入念に掃除していたのが印象的でした。
またトリ沖に参加したいです。
(Saki)







▲ Photo by Saki




  

Posted by トリトン at 15:56Comments(0)トリ沖

2014年04月28日

2014春のトリ沖 4月26日編

はいさい!
昨夜来沖したSakiさん(左)が加わって、今日は朝から万座に来ています。
「晴れ男」と自認するSakiさんのおかげで沖縄地方に再び青空が…
気持ちいいっ

でも風が非常に強いですface12
天気予報では波の高さはなんと4mface08




この強風で開催が心配でしたが、
万座のダイビングクルーズ(1日4便)は朝便から通常営業とのこと。
ぼくたちは2便目から乗船予定です。
ちなみにケラマクルーズは本日中止になるのではないでしょうか。
今日こっちのクルーズにしていてラッキーでしたface01




今日がボートダイブ初挑戦のSakiさん。

「タカさん、わくわくよりドキドキの方が大きいよ・・・」




さあ、出港です。
港の中はとても穏やか。




でも港外に出たら少しずつ波が・・・




沖合に出たら、すごい状態に・・・icon10






「遊園地のアトラクションみたいで楽しいー」
と余裕のズンちゃん。

「タカさん、ボートダイブっていつもこんな感じ?」

「いや、これは特別face11




港を出て10分くらいでポイントに到着。
1本目は瀬良垣のアウトリーフへ。
いくら島影とは言え、ボートの上はまともに立てないほどの揺れ。

「さあ、酔わないうちに急いでエントリーしましょう!」


水面とは違って、水中はいつものコンディション。
うねりも流れもなく、透明度も20mくらいはありました。
ダイナミックな地形に大興奮のSakiさん。




このエリアの代表ポイント、万座ドリームホールです。








と、水中でSakiさんが指差して何か訴えています。
見てみたらなんとウミガメの子供が・・・
Sakiさん、大手柄face02








水中はよかったものの、
エキジットしたら、ボートの上は相変わらずすごい状態icon11
向い波の中、ボートが港へ走り始めました。
(万座クルーズは1ダイブごとに港に戻ります。)




「ひえ~」

「Sakiさん、がんばれ!」




ランチタイムです。
名物のアーサーそば屋さんへ。




ズンちゃんは昨夜に続き、今日も沖縄そばface11

「このおそばもあっさりしていて、私、好きです。」




揺れ揺れボートから帰還したSakiさんはいささかお疲れモード。




敷地内に遊具が。

「Sakiさん、これに乗って三半規管を鍛えておくといいですよ。」

「え、タカさん、こんな感じ?」




午後からのポイントもすべてアウトリーフへ。
相変わらずポイントまでの移動はハードでしたが、
3本ともダイナミックな地形を堪能できて楽しかったです。




帰りに万座ビーチホテルで一休み。
ゲストのお二人はジャグジーに。




ガーデンプールが温水だったので、ぼくはちょっと泳ぎました。
気持ちいいー




那覇に戻って、みんなで夕食に。
こっちの知人のオススメの海鮮居酒屋へ。
海人直営店なので、新鮮なお魚料理が低価格でいただけます。




「沖縄で潜るのが夢でダイビングを始めたんで、その夢が叶ってよかった。」

と、泡盛片手にニコニコ顔のSakiさん。
まだダイバー歴1年に満たない彼は、
経験豊富なズンちゃんに、いろんなことを聞いていました。

さあ、明日がいよいよ最終日。
天気は晴れ。
いいかたちで締めたいと思います!


●ゲストの皆さんのコメント

今日は3本ともアウトリーフで、
地形も面白かったし、サカナもたくさん見れてGOODでした。
ジャグジーもよかった…
(ズンちゃん)


初のトリ沖参加です。
1本目のポイントでいきなりウミガメに出会い、
2本目に潜った「ドリームホール」ではダイナミックな地形に感激。
ボートでは波に打たれて撃沈・・・(涙目)
とても楽しかったです(^。^)
(Saki)









▲ Photo by Saki


  

Posted by トリトン at 09:08Comments(0)トリ沖

2014年04月27日

2014春のトリ沖 4月25日編

さあ、今回のトリ沖もいよいよ最終カーブを回りました。
あと3日間。
最後まで楽しく盛り上げていきたいと思いますface02

さて今日は曇り空の下でケラマへ出発。
夜中まで結構降っていた雨が止んでよかったです。
でも風が強く、肌寒い。
数日前までの暑さがウソのよう…




参加ゲストはズンちゃん。
昨春、昨秋、そして今春、
なんと3シーズン連続でのエントリー。

「これだけ来ていると、天気の悪い日に当たることもあるよね…」

なんと前向きなお言葉…
ズンちゃん、ありがとう!




ポイントに着きました。
今日は座間味島や儀志布島で3ダイブの予定。
マクロ派のズンちゃんとのんびり水中撮影を楽しもうと思います。




「あっちのエリアにガーデンイールやケラマハナダイ、
そしてヤシャハゼもいますよ。」

と、潜る前に他のショップのスタッフから教えてもらいました。


ヤシャハゼなんて探せない。。。face12

「後ろからそっと近づいていくから、水中で場所を教えて」

「あ、全然OKですよ」

と口約束をしていました。

が、あろうことか、我々はどのチームよりも先にエントリーしてしまいました。
そしてボートからかなり離れたところで先程の口約束のことを思い出しましたface14

「しまったface08、今さらボートに戻ることも恥ずかしいし・・・face16

ということでコンパス頼りに自力で必死にそれらの生物を探しました。




で、ガーデンイールとケラマハナダイは発見。
よっしゃー。






でもヤシャハゼはダメでしたface14
で、仕方なく、あちこちにいた一般的なハゼを撮りましたface16




1989年に上映された『彼女が水着に着替えたら』を観たことがありますか。
この映画で登場した沈・飛行機。
その残骸が残っているポイントに潜りました。
もう25年以上も前の映画なので、あのときの機体が今では翼しか残っていませんface11
映画を観たことのない方は

「何、これ?」って感じでしょうね。




ちなみにズンちゃんは観たことがあるそうです。
なので興味深そうにその残骸を見入っていました(^。^)




今回の出張の中で今日が一番のんびり撮影できたかも。








スカシテンジクダイです。




遠巻きにその根を撮ってみました。
光があったらもっといいものが撮れていたんですけど・・・




実は先週末の渡名喜島の深海にLEDライトを落としてしまったんですicon198


バラクーダも発見しましたよicon22








ネッタイミノカサゴの幼魚です。
どちらの構図が好きですかface02








ハタタテハゼをフラッシュ撮影と自然光撮影で。
どちらが好きですかface02







きれいなテーブルサンゴicon12




キノコみたいな形のハマサンゴ。




その傘の下にツノハタタテダイとミナミハタタテダイが同居していましたface01




ズンちゃんとのんびり、ゆっくり潜りました。
いやー、ダイビングって楽しいですネ・・・face15




さて、今夜のご飯をどこで食べようか二人で話し合いました。
で、今日は沖縄そばの食べ比べツアーをすることにicon12

沖縄そば・・・と言っても、
沖縄本島の沖縄そば、石垣島の八重山そば、宮古島の宮古そばで、
それぞれ味や盛り付けが違うってご存知でしたか。
今日はぼくが那覇市内で一番美味しいと思っている沖縄そば屋さん、
それと八重山そば屋さんに、ズンちゃんを案内しました。

まずは沖縄そば屋さん。
那覇北マリーナの近くにある「亀そば」
ここはあの大東寿司もメニューにあって、しかもリーズナブル。








いただきまーすicon64




ここは博多ラーメンのように、きくらげも入っていて、麺が細め。
ぼくはイチオシです。




亀そば(半)を食べたところで、
次は八重山そばで有名なお店へ。




ホテル ルートイン那覇泊港のすぐ近くにある「ジュネ」
とてもアットホームなレストランです。




八重山そばは沖縄そばより麺が細くて縮れてなく、
断面がちゃんぽん麺のように丸いのが特徴。
具は沖縄そばのような豚肉の三枚肉ではなく、
細切れになったものが載っています。




いただきまーすicon64




「あ、美味しいface08

ズンちゃんの第一声icon103



ごちそうさまでしたー




お店を出て、ズンちゃんにどっちが好みか聞きました(^。^)

「亀そばも長浜ラーメンっぽい感じで美味しかったけど、
私はあっさり出しの八重山そばかなー」

ちなみにぼくは亀そば派です。

こんな感じで食べ比べするのも楽しいですネface02


●ゲストのコメント

あいにくの曇空でしたが、海はばっちり!
大きなバラクーダからウミウシまで、ゆっくりのんびり、
ケラマの海を楽しみました!
沖縄そばの食べ比べも楽しかったです。
ダイビングのあとだったら、あっさりにぼし出しの八重山そばかなーと思いますface02


  

Posted by トリトン at 21:40Comments(0)トリ沖

2014年04月24日

2014春のトリ沖 4月23日編

はいさい!
今日のトリ沖はエモンズダイブicon100
これから古宇利島まで向かいます。
今朝の那覇地方は小雨模様。
でも天気予報ではこのあと雨もやみ、午後から晴れマークが。
さあ、出発です。
楽しんできまーすface02




那覇から約2時間かけて北上し、古宇利島の港に到着。




今日からトリ沖に参加されるお二人。



Masaさん(左)は久しぶりのエントリー。ありがとうございます。

そしてトリ沖の顔、Teruさん(右)は昨秋のエモンズに続いての参加。
何と昨年の潜り納めがエモンズで、今年の潜り始めもエモンズ。
すっかりこの沈船に魅了されている模様。
聞くところによると、ケータイの待ち受け画面もエモンズだとか…icon103




それは冗談ですface11



今回もパラダイス倶楽部チームと合同で。
船上で店長あきさんのブリーフィングにしっかり耳を傾ける面々。







ポイントに到着。
ちょっと波があります。
でも経験豊富なこの顔ぶれだったら全然大丈夫。




アンカーロープを使ってゆっくり潜降です。
ガスは全員エンリッチド(27%)
エモンズが眠っている40m水域へ。




船体が見えてきました!
ここからはゲストの皆さんの撮った画像で、
全長100m、2000トンのこの巨大駆逐艦をお楽しみ下さいface01














ワイドレンズだとスケールの大きさが伝わってきますね。








水底には魚雷が沈んでいます。




ここはゼロ戦が突っ込んだ跡だそうです。




それを撃ち落そうとしている対空砲。




この戦いで60名近くの船員が犠牲になったそうです。
船壁には戦没した乗組員の名前が刻まれたプレートがあります。





奇しくも今日は当時敵国だったアメリカのオバマ大統領が来日します。
このポイントに潜ると、今の平和な日々に感謝の気持ちでいっぱいになります。





さて、帰港後、Kotetsuさんがダウン。
窒素酔い?
まさかの減圧症?

いいえ、今朝ホテルの朝食を食べ過ぎて、気分が悪いとのことface13
連日の食べ過ぎ胃もたれパターンです。
医師であるMasaさんから、もっとゆっくり食べるよう諭されていましたface11




ま、とにかく無事に2ダイブ終了。
すっかり天気もよくなりいい感じ。
帰りの際、みんなで集合写真。




古宇利島を跡にし、ぼくたちが向かったのは名護市内にある人気レストラン。




ここは精肉店も兼ねてあり、沖縄の新鮮な豚肉がたくさん食べれます。






もう14時過ぎなのに、ランチを食べに来られた一般客でまだ行列ができていました。
店内は芸能人の色紙がいっぱい。




おー、今日はメンズデーだー。
昼から飲むぞーicon21
歓声をあげる男性陣。




いただきまーすface02




さっきまで胃もたれでダウンしていたKotetsuさんはアグーのステーキを注文。




そしてやはりここでも誰より早く食べ終わりましたface13

「Kotetsuさん、絶対に噛んでないでしょicon103

「のどごしを楽しんでいるでしょface16

みんなからいじられていましたface15


野郎だけの沈船ダイブ&宴になりましたが、
終日めちゃくちゃ盛り上がりました。
夜は何件はしごしたかなface12
とにかくみんなお酒が強いicon11
ぼくは眠くて途中からうとうとしながら飲んでいました。
ま、明日はオフだからいいか…face02





●ゲストのコメント

沈船エモンズは深度30~40mとかなりディープで不安でしたが、
潜ってみて実物を見たら感動して、
「中性浮力、下手か!」みたいになりました。
透明度がよかったので全体が見れたり、大砲を見れたりして、
男心を夢中にさせてくれました。
(Hide)


エモンズ、でかい!
しかし朝ごはんを食べ過ぎて連日のダウン。
乗船前は控えめにしないと。
でもエモンズを見れてよかったです。
次回のトリ沖もエモンズがあればまた潜りたいですな!
(Kotetsu)


ふたたびの 海にまみえし 横たわり
何を語らむ 戦世ぬ痕
(Teru)


個人的には今年5回目のオキナワ。
いつもケラマですけど、エモンズもすごい。
別の意味で思い出になりました。
ワイドレンズを持ってきてよかった。
砲台に乗ったときに感動がありました。
(Masa)



  

Posted by トリトン at 13:06Comments(0)トリ沖

2014年04月23日

2014春のトリ沖 4月22日編

Kotetsuさん&Hideさんコンビが沖縄にキターッ(゚∀゚)!
もうすっかりトリ沖ヘビーユーザーのお二人。
今日は男性3人でビーチダイブ、そしてジンベエダイブを予定しています。




行きの車内は野郎トークで盛り上がり。
さてその話題は、
①ダイビングネタ、②下ネタ 
のどちらでしょうかface16
想像におまかせします。




ビーチダイブをする北谷町の砂辺に到着。
行ってきまーすface02




ここではのんびりまったりフォトダイブを楽しみました。






ランチは海岸沿いにあるカレーバイキングのお店へ。




「このあとボートに乗るので、カレーでなく、もっとあっさりしたものがいいかなicon103?」

「ぼくたち、そんな繊細な胃腸ではないですよ。」

「カレーを食べると幸せホルモンが出るんでface15






「うわー、どれも美味しそうicon12




「えッ、コテツさん、何ですか!いきなりこのご飯の量はface08






「うまかったー!あの景色見ながらだったら、何杯でもいけますねface15

「あー、幸せーface15




で、このあとジンベエダイブをする港へ。
Kotetsuさんは昨秋のトリ沖に続き、2回目。
ただそのときはジンベエザメのあまりの大きさにびびって、
しっかり撮影できなかったとのこと。

「今回はもっと近づいて撮りたいですね。」




出港して10分くらいでジンベエがいる網に到着。
この時間帯、ちょっと曇ってきました。
波もぱしゃぱしゃ・・・

「やばい、カレーで胃がもたれてるface12

「僕もですicon11

「あ、僕もですicon11

「くれぐれもジンベエのいる網の中でカレーのまき餌をしないで下さいねface16

「アハハ、そうなったら前代未聞ですね…face11




ここが網の入口。
ここにジンベエが二匹住んでいます。




出たーッ








「Kotetsuさん、ほら、もっと近づいて・・・」




で、彼が恐る恐る近づいて撮ったのがこれ!
はい、よく撮れましたicon105






Hideさんも楽しんでいましたface02




でも帰港し、片付けているときはいささかお疲れモードのお二人。

「やっぱりカレーが残っていますねicon11

「タカさん、今夜のステーキはちょっと厳しそうですicon11


意外と胃腸の繊細なお二人でしたface16
まあ、あれだけカレーを食べた直後に潜ったら、
誰だって胃がもたれるかなface11


さあ、明日は沈船エモンズです。
深さ40mの水底に眠る米軍駆逐艦。
部屋で天気予報をチェックしたら、前線が停滞しているものの、
問題なく潜れそうicon105
楽しく、安全にご案内したいと思います。





●ゲストのコメント

本日3ダイブ。
1本目、2本目は砂辺のカリフォルニアサイド。
ミドリリュウキュウウミウシとか、可愛いかったです。
撮影していると、周りの熱帯魚が何を撮っているのか見に来るほど、
人に慣れていました。
ジンベエはド迫力の一言です。
でも彼も可愛かったです。
(Hide)


ビーチ、ビーチ、ジンベエの3本。
1本目、2本目は可愛いウミウシもたくさん見れて楽しかったです。
3本目のジンベエは前回のリベンジで…
前回は怖くて全然近寄れなかったので、今回こそは!
でしたが、やっぱり怖かった…(笑)
(Kotetsu)



  

Posted by トリトン at 23:30Comments(0)トリ沖

2014年04月21日

2014春のトリ沖 4月20日編

少~しだけ二日酔いでスタートした4/20のトリ沖。
今日は万座でボートダイブの予定。
むなさんとMIKANさんが乗車し、高速道路で北上です。




港に到着。
さあ、今日はどんな一日になるかなー
楽しみー(^。^)




今日も朝から青空。
今回のトリ沖は連日ホントに天気に恵まれていい感じface15




そしてその好天下で今日も楽しいダイビングができました。
万座エリアはホールやドロオップオフなど地形が迫力あるので、
地形派ダイバーはたまらないでしょうネface02















棚(浅瀬)はテーブルサンゴがきれいicon12










ランチタイムは港の近くの沖縄そば屋さんへ。
ここの名物、アーサーそばは絶品。
外のテラスの雰囲気もGOOD!
美味しい!気持ちいい!






ダイブ後、帰りに万座毛へ道草。
でもこの時間帯、ちょっと雲に覆われてしまいました。
きれいな夕焼けが見れなかったのがちょっと残念。




晴れ男を自認するむなさん。
彼はこの二日間で6ダイブ。
昨夜は飲み屋を3件もはしご。
この時間帯はさすがにお疲れモード。
だからパワーがなくなって曇ってきたのかなface15




夜は泡瀬のステーキ屋さんへ。
ここは基地の近くなので、外国人のお客さんばかり。
ハワイアン音楽を聴きながら、あちこりのテーブルで英語が…
ちょっとした海外旅行の雰囲気を味わえますよface02








「タカさん、ここ、いいねー」

辛口むなさんからお褒めの言葉が。
うれしいですface15






このあと「A&W(ファーストフード)」や「DFS(免税店)」へ。
今日もとっても充実した一日でした。
お二人は明日早い便で帰福し、そのまま職場に行かれるとのこと。
大変・・・icon10
でも多忙な中、いつもトリ沖に参加いただき、本当にありがたく思っています。

部屋に戻ってきて、ネットで天気予報をチェックしたら、
明日の沖縄地方は「曇時々雨」face08
でも大丈夫。
明日はノーゲスト。
ついてますネicon100


●ゲストの皆さんのコメント

万座の地形ポイント、とてもよかったです。
今回は二日間ともいいお天気で、初めてのポイントばかりでとても楽しかった。
お昼のアーサーそばも夜のステーキも美味しかった。
タカさん、今回のトリ沖もありがとうございました。
(MIKAN)

今日もやっぱり天気は晴れでした。
昨日の渡名喜島に続き、今日の万座のポイントもよかった。
ドロップオフやオーバーハングや洞窟。
興奮しました。
昼食のアーサーそば、
そして夜のステーキ「サムズ・バイザ・シー」
タカさん、ナイスチョイスでした。
今回のトリ沖も飲み過ぎ、食べ過ぎでした。
(晴れ男、むなさん)





  

Posted by トリトン at 11:47Comments(0)トリ沖

2014年04月21日

2014春のトリ沖 4月19日編

朝、ネットで天気予報をチェック。
沖縄地方の天気は晴れ、波の高さ1m。
よっしゃー、最高のコンディションだーicon100
そう、今日は渡名喜島へスーパークルーズ。
総勢9名のゲストの皆さんが集まりました。
大盛況ですicon22
毎日これくらい集まったら福岡を出張所にして、沖縄を本店にするんだけど…face16




天気予報通り、海はベタベタ。
フラップ号(ボート名)は快調に渡名喜島へ。










一本目は「渡名喜島ブルーホール」






このダイブでHomanさんが祝100のメモリアルダイブ。
おめでとうございますicon12




二本目は「渡名喜島ブルーコーナー」
ここは魚影が濃く、いろんなサカナがうじゃっている感じ。









▲Photo by YUYA


そして三本目は「アンジェラー 口(ぐち)」
ここはカメポイント。
潜って最初にカメを発見したときは、みんなカメラを手に激写していました。
が、そのあとあちこちから次々と別のカメたちが…
もう、カメ天国。
見渡せば視界に3~4匹いることも。
さすがに最後は
「もういいです。お腹いっぱい…」って感じにface11







▲Photo by YUYA


最後はしっかり安全停止してエキジット。
3ダイブとも、ホントにいい海でしたface02




でも渡名喜島スーパークルーズはこれで終わりません。
帰る途中に、バンドウイルカが現れたのですicon105

「うわー、かわいいっ」

「あ、あそこにもいる!」

全員、ボート上で大歓声icon67








「すごーい!渡名喜島最高!」




お店に戻ってきてロギング。
海が海なだけに充実していました。




夜はホテルの近くの居酒屋で大宴会。
乾杯のシーンをホールスタッフの方に撮ってもらったのですが、
あれ?カメラに収まっていませんでしたface11

「お腹減った~」

「オリオンの生、おかわり!」

「私は2本目の地形がよかったー」

「自分は3本目のウミガメが一番よかったかなー」

「はじめさん、おみそれしました。ありがとう。」

てな会話が飛び交って盛り上がりました。
画像がないので想像にて…face15

とにかくイルカのおまけ付で大成功、大盛況の渡名喜島スーパークルーズでしたface02


●ゲストの皆さんのコメント

カメ、カメ、カメ、カメ…
すごい!やばい!


(YUYA)

カメに今日も逢えて、
帰りにイルカとも出逢えて幸せなトリ沖になりましたー!
(SAYURI)

天気もGOOD!海もGOOD!
カメにイルカに盛り沢山。
(たばっち)

天気も海もサイコーでした。
カメもイルカも…
(MIKAN)

2本目に僕だけカメが見れたのは神様からのプレゼントだと思います。
神様、ありがとう。
(はじめ)

トリ沖でみんなに会えて一緒に潜れて楽しかったですicon59
顔見知りが多く、リラックスできました。
カメにも会えてうれしかったですicon102
(MAMI)

カメやイルカが見れて楽しかったです。
(Homan)

4回目のトリ沖。
天気はやっぱり晴れ。
ウミガメにイルカ、渡名喜島は最高でした。
はじめちゃん、ウミガメおめでとうface15
(晴れ男むなさん)

今回のダイビングは今日一日だけでしたが、
たくさんのウミガメやイルカも見れて大満足でした。
またトリ沖参加しま~すicon67
(ヒラ)



  

Posted by トリトン at 10:44Comments(0)トリ沖

2014年04月21日

2014春のトリ沖 4月18日編

はいさい!
トリ沖7日目も朝からいいお天気。
今日はYUYAさんとSAYURIさんの仲良しコンビが参加。
出港まで時間があったので、空港の近くの瀬長島へドライブにicon17




その島の丘にある瀬長島ホテルからは那覇空港が一望できます。




ちょっとホテルに入ってリラックス。






さあ、午後からチービシへボートダイビング。
透明度は20mくらい。
沖縄デビューのSAYURIさんは、ボートから水底がはっきり見える景色に、
「やばいよ、やばいよ」と連発。
出川さんみたいでしたface11

さて潜降して間もなくYUYAさんがウミガメを発見。
超ラッキー☆

SAYURIさんはこのダイビングでディープSPが終了!
おめでとうございます。
もうすぐMSDですねface02

今日の水中画像はお二人が撮ったものをアップしますね。



















▲Photo by YUYA






▲Photo by SAYURI


帰港し、ショップへ戻ってきました。
空は夕焼けがとってもきれい。

「こんな日に店内でロギングはもったいない。
夕日を見ながらやりましょう!」

ということで、向かったのが那覇空港。
なんと3階の見学者デッキでロギング。
遠くケラマ諸島に太陽が沈みます。
なんてグッドビューface05




おそらくこんなところで過去にロギングしたダイバーはいないんでは・・・face11




ちょうどこのあと来沖するHomanさんをピックアップできたので、
空港でのロギングは一石二鳥でした。




そして夜はステキーハウスへ。






食後、ボクは再び那覇空港へ。
本日、三回目face11
最終便で4名のゲストが来沖されました。
トリ沖常連組の皆さんですface02
全員をホテルにお送りして、自分の部屋に戻ってきたときはすでに23時半過ぎていました。
トリ沖の長い長い一日が終わります。




明日はいよいよ渡名喜島へ。
波はないし、天気も良さそう。
楽しみです!
がんばるぞーicon21


●ゲストのコメント


初のトリ沖参加でいきなりウミガメに出会えてしまったーicon59
海のきれいさに感動しました。
明日もカメ、いっぱい見れるかな~(‘∀‘)
(SAYURI)

ウミガメ、バリかわいいface05
明日もいっぱい見れますよーに(^。^)
(YUYA)




  

Posted by トリトン at 00:21Comments(0)トリ沖

2014年04月17日

2014春のトリ沖 4月16日編

今日のトリ沖はKIYOKOさんとケラマクルーズです。
ダイビング三日目なのに、疲れも見せず朝からとても元気。

「自分でもビックリ。
ずっと興奮してアドレナリンが出ているからでしょうね」
と言ってました。




今日は朝から曇空の沖縄地方。
でも天気予報では午後から晴れマークが出ていますface01




今日もカメラをレンタルしたKIYOKOさん。
初日に比べたらかなり上手になってきました。





マクロモードにも挑戦。




ウミガメとの出会いも。
うん、上手に撮れてますねicon100




「ツーショットで撮って」
と目で訴えていたので、カメラを受け取り、はいチーズ。




そぉっと甲羅にタッチ。




お弁当を食べた頃からすっかりいいお天気に。
天気予報、大当たり。
3本目に潜った黒北は透明度が30m以上ありました。




▲ Photo by KIYOKO


16時くらいにケラマから帰港。
で、そのあと北谷村の砂辺へ車で移動しました。
今日はナイトダイブも組んでいるのです。




夕日がとってもきれい。
楽しんできまーすface02




ナイト初挑戦のKIYOKOさん。
ストレスがかからないよう、まだ日のあるうちにエントリー。






水平線に沈みゆく夕日に向かって水面移動。
この三日間でとてもたくましく、そして上手になりました。




潜降直後はまだこれくらいの明るさでした。




でも日没後はだんだん暗くなってこんな感じに。






潜水時間52分。
でも全然寒くなかったです。
いろんな生物が見れて楽し過ぎて、寒さを忘れていました(^。^)
ナイトダイブは最高ですicon97




「まだタコライスを食べたことがない。」
というKIYOKOさん。
帰りに砂辺にある人気店『タコス屋』へ案内しました。




二人ともお腹が減ったので、たくさん注文。
KIYOKOさんはビールにタコライスに、そしてタコスまで注文。
この食欲が彼女の元気の源だと確信しましたface16




ぼくはいつものタコスヤプレート(650円)
タコス(1P)、タコライス(ハーフ)、オニオンリングがセットになっています。
ここのオニオンリングは絶品ですよ。




外に出たらきれいなお月さん。
心地よい風が静かに吹いていました。

「こっちに来て毎晩たくさん食べて飲んでいるから、かなり太ってしまったかも…icon11
とKIYOKOさんは心配していました。

いや、大丈夫。
むしろ痩せたんでは…
だってこの三日間で9本も潜ったのだからface02

「夏の石垣島ツアーにも、秋のトリ沖にも参加したいです。」

お、ハマりましたネ、ダイビングにface15




●ゲストのコメント

日中はウミガメと一緒に写真を撮りました。
ケラマの海は覚えきれないほど、サカナがいました。
少しずつ勉強していきます。
ナイトダイブではツノダシの色が本当に黒く変化していました。
浜辺に戻ったときの夜景がとっても美しかったです。
ナイトダイブに挑戦してとてもよかった。
タカさん、三日間エスコートありがとうございました。
(KIYOKO)




  


Posted by トリトン at 01:04Comments(0)トリ沖

2014年04月15日

2014春のトリ沖 4月15日編

「MAMIちゃん、おはようface02!」

彼女をピックアップしたのは、
恩納村の「真栄田共同売店」の前。

え、なぜicon103

実はMAMIちゃんは転職して今月から沖縄で生活しているのです。
で、今日はその仕事が休日なので、トリ沖に参加してくれました。
思えば一年前もトリ沖に参加してくれたのですが、
まさかそのとき、MAMIちゃんが沖縄に移住するなんて思ってもいませんでしたface11
7ケ月くらいこっちにいるそうです。
楽しい沖縄ライフを過ごせたらいいですね。




今日は午後からのプログラム。
昨日から沖縄入りしているKIYOKOさんと3人で万座にボートダイブ。
まずはみんなでランチを食べに行きました。




「うわー、眺めがサイコー」
最高のロケーションでケーキを食べ、ご満悦なお二人。




試食に夢中になるKIYOKOさん。




瀬良垣の漁港から出港です。




今日もホントにいいお天気。




外国人ダイバーもたくさん乗っています。

「外国に来て潜っているみたい」とKIYOKOさん(^。^)




一本目は「クロスライン」、二本目は「ミニドリームホール」に潜りました。
今日もトリトンのデジカメはKIYOKOさんにお貸ししたので、
ぼくが撮影したのはこの1枚だけ。
ウルトラマンホヤです。
似てるかなーicon103




昨日の沖縄地方は風が強くて海が大しけ。
その影響が残っていないか不安でしたが、
2本とも問題なくフツーに潜れました。
よかったですface02






帰りは万座ビーチホテルで一休み。










「お腹が減ったー」

「ビールが飲みたいですー」

と言うことで、万座ビーチホテルの近くにある居酒屋「海の家」へ行きました。
ここの屋根にあるシーサーがとっても可愛い。




ガンガンに冷えたジョッキー。
う~ん、おいしそう。
(ボクは運転があるので飲めませんface14




かんぱーいicon142




「もうすぐ夕日が沈むよ。」

「あ、カメラ、カメラ」






沈みゆく夕日を観ながら、飲みながら、
いろんな話をしました。

「今、沖縄で暮らしていることが信じられない」とMAMIちゃん。
ホームシックにかかることなく、毎日充実した日々を過ごしているそうです。

「もっと早くダイビングに出会えてたらよかった。」とKIYOKOさん。
このトリ沖期間中にもう一回参加したいくらい楽しいとのこと。

二人ともおいしそうに、あっと言う間にジョッキー2杯いきました。
シーサーたちも笑っています。
明日からも笑いがいっぱいのトリ沖をお届けしようと思います。




●ゲストのコメント

一年ぶりのトリ沖。
とても楽しかったでーすicon102
ガーデンイールにウルトラマンホヤ。
初のものも見れたし、やっぱり海がきれい!
のんびり癒しダイビングで沖縄満喫していまーす!









(MAMI)



沖縄二日目。
海底の洞窟が夢のようでした。
海も陸も楽しすぎ。
秋のトリ沖にまた来たいです。





(KIYOKO)






  

Posted by トリトン at 22:54Comments(0)トリ沖

2014年04月14日

2014春のトリ沖 4月14日編

朝イチ便でKIYOKOさんがご来沖。
今日から3日間、トリ沖に参加されます。
よろしくお願いしますface02




今年の2月にオープンウォーターのCカードを取得したKIYOKOさん。
当然、沖縄で潜るのは今回が初めて。

「熱帯魚と戯れるのが夢だったんですー」

行きの車内でそのようなことを言われていました。

今日は当初チービシへボートダイビングの予定でしたが、海が大シケで中止に。
代わりに南部のビーチポイントへ。






でも結果論ですが、今日はビーチダイブでよかったかも。
こっちの海は穏やかだし、天気もいいし。




「デジカメを急きょ借りてもいいですか。」

とKIYOKOさん。
近くのコンビニでSDカードを買い、二本目のダイビングは彼女が撮影しました。








何かサカナをつかまえようとしている感じですねface11
もちろん違いますよ。
音を出して、サカナを呼ぼうとしていたのです。




「水中撮影って難しいけど、楽しいですねー、
できれば今日あともう1ダイブしたいのですが・・・」

沖縄の海と水中撮影にハマったKIYOKOさん。
疲れている様子もなく、3本目へ。




この沖縄まで、何度も志賀島で経験を積んできた成果が出て、
とっても技量が上がっていました。
ビックリだし、うれしいし・・・
がんばったご褒美に3本目はちょっと沖まで遠征しました。






3本目もKIYOKOさんが撮影役に。






あ、これ、とても上手。
初カメラにしては上出来ですicon105




エキジット後、休憩所でロギング。
海も空も青々していました。
聞くところでは、KIYOKOさんも晴れ女らしいです。
明日は万座でボートダイブの予定。
海況が落ち着いたら、いいな~icon103




●ゲストのコメント

ダイビングの目標であった熱帯魚と泳ぐことが、二ヶ月超でできて、
とても感激です。
沖縄の海にハマってしまいそう。
幸せicon67
生きていて最高icon102






  

Posted by トリトン at 23:35Comments(0)トリ沖

2014年04月14日

2014春のトリ沖 4月13日編

このトリ沖が初顔合わせになったSATOSHIさんとNOBUさんは意気投合し、
初日の夜から酒場街を豪遊しています。
今朝はいささかお疲れモード。
朝、ホテルで栄養ドリンクを飲んで出発しました。
今日のメニューは「青の洞窟」と「ジンベエダイブ」の豪華二本立て。




今日の一本目は「山田」
このポイントのサカナたちはダイバーに慣れていて、
流れもなく、のんびりフィッシュウォッチング&水中撮影ができます。
ちょっと二日酔い・・・というときにはいいポイントですface16




「今日も女性ゲストはいないんですね・・・」
とお二人。
世の中、うまくできていて、全てが満たされることはなかなかありませんface14
そう、この数日は天候、海況には恵まれましたが、“花” がないのですface14
沖縄に来て、朝から寝るまで異性と話すことがほとんどない状態・・・
潜っているポイント名からもその雰囲気が現れています。
沖縄には「ドリームホール」、「ドラゴンレディ」、「クロスライン」とか洒落たポイント名がたくさんある中で、
今回二人が潜ったのは、
「六番崎」、「儀志府西」、「黒島北」、そして「山田」
全て和名face12
う~ん(-_-)

ランチは近くの道の駅で。
二人とも沖縄そばをペロリ。
二日酔いは治ったみたいです。




二本目は「青の洞窟」
天気がいい上、昼時だったので、洞窟にいい感じで光が入ってよかったです。




三本目はジンベエダイブ。
港が違うため、車で移動。
途中、紅芋タルトの製造工場、「御菓子御殿」へ。
ここは美味しいお菓子がたくさん試食できます。
でも5分も経たずに跡にしました。
女性ゲストがいたらもっと長くいたと思いますが…face11




港に到着。
出港までちょっとお昼寝。




出たー、
でかーいッ、
体長約10m~icon10








帰りは嘉手納の道の駅の展望台でロギング。
米軍の滑走路が一望できるところです。




「今回のポイントの中で一番よかったのは初日のチービシのラビリンスですね。」

「自分は今日の一本目の山田です。」

「あ、自分も山田は気に入りました。」




それにしてもこの三日間は100点満点の天候、海況で繰り広げることができてよかったです。
SATOSHIさんが究極の晴れ男だそうで…




「来年の花火クルーズにも参加するので、
来年は女性ゲストをたくさん集客していて下さいね。」

二人とも夜の食事でこのようなことを言ってましたface11





●ゲストのコメント

初日に比べてリラックスしてダイビングできました。
ジンベエダイブは慣れない環境(網の中)だったので、
大変でしたが、初ジンベエ、よかったです。
(NOBU)







  

Posted by トリトン at 23:12Comments(0)トリ沖

2014年04月14日

2014春のトリ沖 4月12日編

トリ沖二日目は昨日来沖したNOBUさんが加わってケラマへ行きます。




昨日に引き続き、文句なしの天気と海況。
快適なクルージングでしたicon01

二人のリクエストがウミガメだったので、
今日の二本目は「儀志布西」で潜りました。
ここはケラマのポイントの中でもウミガメとよく遭遇できることで人気があります。

お、さっそく子ガメがいました。
人間でいけば幼児くらいかな。
かわいいです。






そのあと、今度は青年サイズのカメが泳いでいました。
さっきの子ガメのお兄さんだったりして・・・


photo by SATOSHI


透明度もばっちし。
達成感と充実感で、この笑顔。




お店に戻ってきてロギング。
本来ならこのあと夜の食事に出かけるのですが、今日は違いますicon103




夕日が沈む頃に再び乗船しました。
そう、今夜は花火鑑賞クルーズ。
宜野湾市で今年国内初の大きな花火大会があります。
それをビール片手(ぼくはウーロン茶片手face13)にボートから眺めるという素敵なイベント。






ネットを見て、一般のSさんグループも参加されました。
ありがとうございます。




さあ、花火の打ち上げが始まりました。






NOBUさんはさっそくFBにあげたそうです。
そしたらお友だちから多くの「いいね」をもらったとかface02




た~まやー








ボートの上で、何度も歓声と拍手が・・・






何度参加してもこの花火鑑賞クルーズはいいですね。
とくに今年は波も風もなくゆっくり堪能できました。

花(女性ゲスト)があったらもっとよかったけど・・・face11

FBをアップし終わったNOBUさんは飲んだくれていました(笑)
ビール、何本目face11




●ゲストコメント

初めてのケラマでブランクもあって不安でしたが、
透明度がよく楽しめました。
ウミガメとのツーショット目標がクリアできたことが一番でした!
(NOBU)






  

Posted by トリトン at 08:26Comments(0)トリ沖

2014年04月11日

2014春のトリ沖 4月11日編

2014年のトリ沖がスタートです。
初日の今日は朝から青空が晴れ渡り、海は湖のような静けさ。
100点ですface01
「期間中、ずっとこの天気だったらいいのにな~」
心から思いましたicon103

今朝、朝イチ便でSATOSHIさんが来沖。
二人でチービシへ。
ボートとディープの講習です。




ポイントはおなじみ神山島のラビリンス。
いつもはいろんなダイバーでごった返しているのに、
今日停泊していたボートは2艇だけ。
のんびり潜れましたicon105








ディープ水域に行ったら、こんなクリオネみたいな生き物がいました。
泳ぎ方はまさにクリオネ。

「これって何?」





ムラサキウミコチョウかな?


沖縄デビューのSATOSHIさん。
あまりのきれいさに、途中から水中撮影をやめて、
風景を楽しんでいました。









追伸;
今日の自分は車に財布、港にブーツ、ショップにカメラなどなど、忘れ物が多くてダメダメでしたface14
お恥ずかしいicon10
明日からもっと集中力を持ってやっていこうと思います・・・icon103





  

Posted by トリトン at 21:31Comments(0)トリ沖

2013年11月23日

2013 秋のトリ沖リポート 総括編

11月7日から11日間に渡って繰り広げられた秋のトリトン沖縄出張所サービス(略してトリ沖)。
この期間、19名のメンバーが来沖され当サービスを楽しまれました。
毎日入れ替わりで顔ぶれが変わり、
まるでTV番組 『ごきげんよう』 と化した今回のトリ沖。
今回は一日も休まず、短距離競争をゴールまで一気に突っ走った感じでした。
期間中、前半はポカポカ快晴続き。暑かったです。
で、後半は北風が吹いて寒い日が多かったです。
と言っても短パン、ビーサンでずっと過ごしていたので、福岡よりは全然暖かかったです。
私はこのトリ沖のときは県庁の裏手にあるマンスリーマンションに暮らしています。
近くにはきれいな奥武山公園があり、時間があれば公園内をジョギングしたりしています。
が、今回はそんな時間は一寸もありませんでした。
このマンションに寝に帰る感じ。
まあそれだけ充実していたことになりますね。
後半はへばったかと言えば、全然へっちゃらでした。

「きっと疲れてどんよりしているだろうと思ってたけど、まだまだ元気ですねicon103

「まだ大丈夫ですよ。ところどころ手を抜いているんで・・・face15

「えっface08

何て冗談をゲストと交わしていた後半のトリ沖。
もちろん手は抜いたりしていませんface11
このトリ沖に備えてこっちで泳いだり、走り込んだり、加圧をしたり、しっかり体力を付けてきました。
なので、あと一週間くらい続いてもまだ余力はありましたよ。
うん、我ながらまだまだ若いicon100
(あと二週間だったら倒れていたかも・・・face11

ただ今回のリポートは手抜きと言われても、反論できません。
いつもこれまでのトリ沖は日々アップしていますが、
そんな時間が今回はまったくなかったので
期間中のできごとを総括し、まとめてアップさせてもらいますicon10

それと挿入画像についてもひとこと。
私がカメラを手にして潜ったのは二日目のケラマと四日目のエモンズのときだけ。
なので、今回のリポートはゲストの皆さんの撮った画像を使わせてもらっています。
日によってはバタバタで、皆さんの画像をコピーできなかったときも。
ごめんなさい。



では秋のトリ沖リポート 総括編をどうぞご覧下さい▼



初日はトリ沖デビューのGさん、Y兄さんと潜りました。
海も空も青々していますねicon12




















Y兄さんがワイド撮影したジンベエがかっこいいface05








二日目はZちゃんが合流face01
快晴下、みんなでケラマへ。




Y兄さんの画像です(拍手!)。












この日私が撮った画像です。
ミラーレスでライトも付けて撮ったんですが、青かぶりして全体の色が出ていませんねicon11
WB調整、失敗したかな・・・








夜は晴れ男MNさんが来沖。
みんなでステーキハウスへ。




三日目はこの顔ぶれでケラマへ。
MSさん(左)はトリ沖デビューです。めんそ~れ。
今日もいい天気icon01








MNさんの画像です。






そして四日目はあのエモンズへ。
古宇利島沖の深海43mに眠る米軍駆逐艦。
全長106m、全幅11m、そのスケールの大きさは圧巻です。
透明度がいい水域なので、その船体がワイドで見えるところもより興奮度をUPさせます。

今日はこの顔ぶれで那覇から90分北上してここ古宇利島の港へ。
トリ沖最多参加のTさん、そして今春に続いて参加のFちゃんもいます。



さあ、いよいよ出港。
私自身、初のエモンズダイブ。
今日だけは久しぶりに潜る前にドキドキしました。
流れが強く、減圧潜水も必要とされる水域。
しかもその沈んだ歴史的背景を考えると、ニコニコ潜るようなポイントではないし。










さあ、潜降です。
水深10mくらい潜ると眼下にうっすらと巨大な影が見えてきました。
太平洋戦争で自沈したアメリカ海軍 駆逐艦です。
















戦時中、日本軍の神風特攻隊5機によって攻撃され、操縦不能となったエモンズは、
船内にある作戦文書の秘密漏洩を防ぐ為、自沈しました。
その際、200名近くいた乗組員のうち60人がこの船体と一緒に沈み、戦死しました。
2000年、海保の調査で発見されたこの軍艦には、
現在、沖縄駐留軍によって亡くなられた船員の名前がプレートに刻まれて設置されています。








船の周りには魚雷も数発散乱していました。
これはゼロ戦が体当たりした跡だそうです。




その戦闘機を打ち落とそうと数台の対空砲が向いていました。








今ではドライブコースの名所となっているこの古宇利島。
でもその海底には戦争で犠牲になった方の命が眠っています。
潜ったあとは静かに合唱。
改めて今の平和な世の中に感謝です。






帰りは名護のオリオンビール工場へ見学に。






前半の晴天続きから一転、
五日目から天気が下り坂に。
北風が強くて気温がグーンと下がりました。
そんな中、MっいさんとMっつんの職場同僚コンビが参加。
波が少し高い中、チービシへ行きました。
船に弱いというお二人でしたが、酔うこともなく、楽しく3ダイブ満喫しました。




Mっいさんの撮った画像ですface01






六日目も朝から寒い沖縄。
朝6時に起きてMっいさんと早朝ダイブ。
そのあと那覇に戻って、ゲスト5名を引率し、ケラマへ出航。
顔ぶれは、今日からトリ沖合流のKさん、K兄さん、KTさん、Sさん、そしてMっつん。

この日はイルカが出たり、
水中でおふざけし合ったりでとても楽しかったのですが、
ハード行程の中で誰からも画像をいただいていません。
すみません・・・icon11


七日目は本島南部へダイビング&ドライブ。
この日も大度のアウトリーフへ行ったり、
エイサーを見たり、知念岬公園へ行ったり、
充実した1日でした。
が、やはりバタバタでこの2枚の画像しかありません。
すみません・・・icon11






八日目はKTさんと二人で青の洞窟&ジンベエダイブ。
男二人でどうかなーと不安でしたが、ボートも車内もずっと会話が弾んで楽しかったですface02
今日は天気も回復して日中は久しぶりに晴れ間が・・・






そしてジンベエダイブで晴れて100本のメモリアルダイブを迎えたKTさん。






ジンベエザメを背景に何と贅沢なお祝いフォト。




「祝100kg」?
あ、失礼。
書き間違えましたface15




九日目はトリ沖デビューのNさんご夫妻。
それにメンバー歴20年のベテランダイバーHちゃん。
チービシへ潜りに行きました。
帰港後はホットぜんざいを食べに富士屋へ。






十日目はHさんとAndyが合流。
青の洞窟へ。








Hちゃんが撮影した画像です。
今までは銀塩フィルムの一眼レフで撮影してきた彼女。
コンデジ撮影はまだ二回目で不慣れとのこと。
でも上手ですよね。
さすがですface02
















夜はHさんとAndyと男3人で3件もはしごしました。
楽しかったですface15




そして最終日。
トリ沖デビューのNさんが合流し、ジンベエ&本島南部の3ダイブ。













という感じで秋のトリ沖 総括編がおしまいです。
最後は駆け足でまとめた感がありますねicon11
すみません。
夏休みの日記を8/31にまとめて書いていたことを思い出しましたface16
実際はもっといろんなエピソードを細かく報告したかったのですが・・・

でも言えることは、今回も(Y兄さんのカメラが水没した以外は)大きなアクシデントもなく、
安全に楽しく催すことができたことにほっとしています。
参加いただいた19名の皆さんにあらためてお礼を申し上げます。
ありがとうございましたface02


◆参加されたゲストの皆さんのコメント◆

初日

初めての沖縄、初めての飛行機、とても楽しい一日でした。
ジンベエの大きさに興奮しました。
(Gさん)

初トリ沖、めちゃくちゃ楽しかったです。
海は青いし、天気もよかったし、最高でした!
ジンベエは本当に興奮しました。
貸し切り状態でラッキー☆
食べられそうになりました(笑)
(Y兄さん)


二日目

天気がよくて、海もきれいで、サイコーの沖縄です。
この時期にコブシメも見れたし、楽しかった。
また明日!
(Zちゃん)

二日間、とても楽しかったです。
また来たいです。
(Gさん)

ケラマの海はきれいでした!
写真もいっぱい撮りました。
でもカメラが水没してしまいました。
データーが無事で助かりました。
(Y兄さん)


三日目

3回目の沖縄。
やはり志賀島よりグーでした。
(MNさん)

カメを目の前で見れて感動でした。
明日のエモンズも楽しみです。
(MSさん)

二日間とも海が超キレイで楽しかった。
また来たいですね、沖縄。
(Zちゃん)


四日目

深度40mのエモンズに潜れて最高に楽しかったです。
(MNさん)

沖縄でサカナ以外でこんなに楽しめるとは思いませんでした。
またチャンスがあればこのポイントに行きたいです。
タカさん、ありがとう。
(Fちゃん)

主砲塔 左舷を向くも悲しけれ
40m 海の深さに
(Tさん)

エモンズダイブ、すごく楽しかったです。
また連れて行ってください(笑)
(MSさん)


五日目

タカさん、ナイスガイドでした(笑)
天気が悪く、寒かったけど、最高でした。
楽しかった~~~
(Mっつん)

やっぱり船は揺れてなんぼでしょう。
沖縄の海、ボクを魅きつけて離してくれません。
また来ます。
今度こそケラマでドリフトを!
(Mっちいさん)


六日目

ちょっと寒かったですが、やっぱり沖縄の海は最高ですね。
イルカの背びれがちょっと見えました。
(Kさん)

いつ来てもケラマは最高ですね。
明日は天気が良ければと思います。
(Sさん)

ケラマはいい所ー!
沖縄は楽しいですね。
カメラを車内に忘れてきたのはがっかり(泣)
明日は忘れ物しないようにします。
(KTさん)

今回は職場の仲良しグループで来ました。
期間中、楽しむぞ~
(K兄さん)

今日はカメが見れなかったけど、またの機会に。
でもやっぱり沖縄は楽しいっすね。
(Mっつん)


七日目

大度海岸のアウトリーフは最高です。
息が上がるほど感動しました。
また行きたいポイントですface02
(KTさん)


八日目

初めて青の洞窟に行きました。
ツバメウオの群れがすごかった。
最後はジンベエで感動しました。
でかい・・・
怖かったですが、また行きたい。
(KTさん)


九日目

初めての沖縄。
透明度がよくて、サカナがいっぱいで、感激しました。
住みたーい!
(Yさん)

今回が二回目の沖縄。
やっぱり志賀島とは違う(笑)
(Mさん)

久々の沖縄はやっぱりきれい。
の~んびり潜れて幸せでした。
(Hちゃん)


十日目

天気が心配でしたが、青の洞窟、しっかり青く見えました。
でも山田のクマノミもよかった。
(Andy)

青の洞窟は神秘的でした。
山田のサカナの多さにはびっくりしました!
また来ます。
(Yさん)

山田のサカナの多さにびっくりでした。
今までで一番楽しめました。
(Mさん)

ツバメウオがうちの猫より人なつこかったです。
最後、噛まれていたかったですが・・・
(Hさん)

青の洞窟は人がいっぱい。
山田は魚がいっぱい。
真栄田岬沖はツバメウオがいっぱいでした。
(Hちゃん)


最終日

ジンベエザメの尾びれに蹴られて、幸せなM女。
沖縄の海はサイコー!
ありがとうございました。
(Nさん)

ジンベエザメに触って感激!
楽しい一日でした。
(Andy)





  

Posted by トリトン at 13:52Comments(0)トリ沖

2013年05月21日

春のトリトン沖縄出張所 5月19日(最終日)編

今月8日から繰り広げられた「2013 春のトリ沖」も今日が最終日。
毎回そうですが、今日で終わるとなると、
寂しいような、ほっとするような、そんな感じです。

さて今日のメニューは大度海岸インリーフで早朝ダイブ、
そして午後は青の洞くつダイブ。
両方ともビーチダイブです。
当然、ボートよりも体力を使います。
しかも連日のダイビングで疲れも溜まっています。
ここはがんばらなきゃicon21

6時45分にみんなをピックアップし、大度海岸目指して南下しました。
昨夜騒ぎすぎたせいか、みんな、車内で爆睡。

45分くらい走って現地に着きました。
干潮です。
波打ち際がめちゃくちゃ遠い。
ひえ~icon196




「これはかなり歩きますよface12

ということで、まずは体を目覚めさせるためにペアストレッチ。
大事ですネicon103




タンクを背負って、波打ち際へ。




遠い…icon11




この大度海岸インリーフは水深3m弱のタイドプール。
今日は干潮だったので、MAXが2mくらい。
スノーケリングでもいい感じでしたface11






でもサンゴはきれいだし、いろんな種類のサカナはいるし、
のんびりフィッシュウォッチングするには最適なポイントです。








Mちゃんが何か持っています。

オオイカリナマコです。


ビロ~ン。


またまたMちゃんが何か発見。




おっ、ツノガイが歩いてましたface02





1時間くらいのんびり潜りましたicon22

「あー、3日間、楽しかったーface02
とHoさん(^。^)




片付けして、また那覇へ戻ります。
そこで男性陣とはお別れ。
午後のメニューはFちゃんとMちゃんの女性二人が参加です。




青の洞くつのある真栄田岬へ向かう途中、
A&Wに寄って腹ごしらえ。






ここの名物ドリンク、ルートビアを試飲。

Fちゃん、
「あ、これ、飲めそう。私、ちょっと注文します。」




一方、Mちゃんは一口飲んで、この顔。



別のドリンクを注文していましたface16


真栄田岬の駐車場へ到着。
ダイビングショップの車がたくさんとまっています。
日曜日は米軍の外国人ダイバーの方が多いかも(^。^)




さあ、私にとってもこれが今回の出張のラストダイブ。
35本目となります。
気合を入れていくぞーicon09




心臓破りの階段を、Fちゃんのタンクも持ってエントリー。
顔は笑っていますが、
このときひざも笑っていましたface16

最後の最後が一番きつかった(>_<)icon11




Mちゃんはスノーケリングで洞くつへ。




洞くつの中を泳ぐFちゃん。






洞くつの水面を泳ぐMちゃん。




洞くつを堪能した二人は、
そのあと水面と水中で餌付けをして楽しみましたface02






そしてエキジット。
波打ち際でこけるFちゃん。

「きゃ~」

「ありゃりゃ、ほら、Fちゃん、しっかりface11

そのシーンを笑いながら撮影するMちゃん。


※緊迫したシーンではありませんよ…face11


真栄田岬をあとにした頃にありえない程の豪雨。

「男性陣はこの雨の中で何してるのかなー」

「ホテルの横にパチンコ屋さんがあったから、もしかしたら…face16


私たちは帰りにお土産を買いに「ジミーズ」へ寄りました。



「うわー、美味しそうなマフィンやケーキがたくさんある~face05
ここ、楽しい~icon64
とニコニコ顔のMちゃん。




一方、惣菜コーナーを物色するFちゃん。
買い物かごの持ち方も様になっています。
このときは完全に主婦の顔でしたface16




女性陣がゆっくり買い物をしている間、
私は駐車場で休憩。
このスーパーの真向かいに、有名な建物があるんですよ。




そう、「沖縄アクターズスクール」です。
アムロちゃんもここに通っているときは、
この「ジミーズ」によく買い物に来ていたそうですよface02




那覇市内に戻ってきました。
例のパチンコ屋さんの前を通過。

「Hoさんたち、ちょうど出てきたりしてface15




トリトン沖縄出張所に到着。




みんなで器材をしっかり洗いました。

私はこの出張期間中、一度も水中でおしっこをしませんでしたよ。
本当です。
神に誓います。
すごいことですよね。
これは自慢できますicon100




Mちゃん、Fちゃんとお別れしたあと、
レンタカーをしっかり洗いました。
返車するとき、毎回嫌な顔をされるんですよね。
くさいって…face13


でもこの車に今回も多くのお客様を乗せて、
いろんなところをご案内しました。
沖縄のいろんな「顔」を紹介できたと思いますface02
これがトリ沖のセールスポイントです。
改めて、当出張所にお越しいただいた18名の皆さん、
本当にありがとうございました!

車内は毎日いろんな方々の笑いで包まれていました。
梅雨時期だったので、ワイパーを動かすことも多かったかなface11
とにかく、無事に楽しく終えることができてほっとしています。




このあとは行きつけのマッサージ屋さんへ行ってきます。
90分で4,200円。
安いでしょ(^。^)
私の最終日の恒例行事です。


マッサージを受けながら、期間中のいろんなシーンを思い出し、
感慨にふけています。
そして気づいたらいつも途中で寝ていますface02




【ゲストコメントと本人が撮影した画像】

今回も大変お世話になりました
ご一緒だった皆さんもいい方ばかりで、
またまた楽しい沖縄となりました。
秋の出張所に向けて、明日から仕事をがんばる決意ですo(^-^)o
また福岡の海でもよろしくお願いします。
(はじめ)







TAKAさんには本当にご迷惑おかけしましたが、
大満足のトリ沖でした。
青の洞くつは最高に楽しかった!
次回はボートにしますね(笑)
また秋も参加させていただきます。
ありがとうございました!
(fujii-chan)


今日も何とか天気に恵まれて、
のんびりダイビング&スノーケリングができました!
福岡でも早く潜りたいです。
沖縄に来てよかったーicon102
(MAMI)





  

Posted by トリトン at 16:29Comments(0)トリ沖

2013年05月21日

春のトリトン沖縄出張所 5月18日編

はいさい、
ここ数日間降り続いた雨も止み、雲の切れ間から時折晴れ間が。
少しうねりはあるものの、風もなく全体的に海は穏やか。
どこのボートも大勢のダイバーを乗せてケラマに快走しています。




今日のトリ沖はゲスト5名でケラマ諸島へ。
ただこの中の数名が二日酔いでテンションが低め。
昨夜豪遊したそうです。
(やっぱりface16

もうどなたかわかりますよね。
そう、笑顔の白い歯を出してないお二人です(-_-)




1本目は渡嘉敷島の「アリガーケーブル」へ。




ポイントに到着したら青空が。
久しぶりに好天の下で潜れそうです。
やったね!

Haさん、Fちゃんは昨秋に続いてのトリ沖参加。
ありがとうございます!




天気がいいとこんな構図で撮れます。
やっぱり光が入ってくると気持ちいいなーface02






2本目は座間味島の「ドラゴンレディ」へ。
砂地が広がる癒し系の海です。




トラギスが遠くを見つめています。
さて、彼はどこでじっとしているのでしょう?




アデヤカバイカナマコの上でしたーface02




そのナマコが今度はHaさんのタンクにくっついて。
そんなことを知らずに泳ぎ続けるHaさん。
周りのみんなは大爆笑。




しばらく泳いだあと、
水底にあった木の枝を、ちょっと砂地に刺しました。

「ガーデンイール、あそこに一匹だけ発見!」

と水中ノートに書き、私の横を泳いでいたHaさんに見せたら、






彼は信じちゃいましたface12

そしてカメラをマクロモードにしてそっと接写しています。





木の枝なのに…face16



これが彼が撮影したガーデン…、
いや、木の枝です。


ピントは合っていますね。

Haさん、ナイスショットicon100



あ、このときもMちゃんやHoさんはマスクに水が溜まるほど、
水中で大笑いしていましたface03



潜り終わってボートの上でランチタイム。
この時間帯、またケラマ諸島は厚い雲に覆われました。

「青空の下で気持ちよくご飯を食べたかったのにー」

みんな残念そう。




でも天気予報では午後から晴れマーク。
実際、西の空は雲が切れて晴れ間が見えています。

「このあとまた晴れると思いますよ。」

みんな、一気にこの笑顔。
空を見上げては一喜一憂。




3本目は渡嘉敷島の「野崎」へ。
今日もサンゴがとってもきれいでした。
そして期待通り、この時間帯はまた太陽がicon01
やったねーface02




そしてこのダイブでFちゃんが100本を迎えましたicon97
おめでとうございます!






夜の食事は最近、泊(とまり)港の近くにオープンしたばかりのビアガーデンへ。
知人からも「いいよー」と勧められていたので、
このトリ沖期間中に一度は訪れたいと思っていました。
でもずっと天候が悪くて、その機会がありませんでした。
なので、今日はとてもラッキーですicon100




エレベーターを出て、
そのロケーションに思わずみんなの歓声が上がりました。
夕日がめちゃくちゃきれい!
これはすごいface05




かんぱーいicon142icon151




オリオンビールを飲みながら、
夕日を見ながらのロギング。
いやー、もう、最高ですicon22




夕日が沈んだあとは、泊港の夜景を楽しみながら、
宴は盛り上がります。
楽しかった~face02








暑くも寒くもなく、快適なビアガーデンを過ごせました。
明日は早朝ダイブで6時起き。
まあ、そこは全員大人だから自身の体調管理はできるでしょうface11




そのあと、みんなでラーメンを食べに行きました。
今回のトリ沖のラストナイトはまだまだ続きます。
みんな、元気ですface02





【ゲストコメントと本人が撮影した画像】

二日目のトリ沖。
ケラマで3本楽しく潜れてよかったです。
(宝満)









ケラマは何回来てもサイコーです。
サンゴのじゅうたんは圧巻でした。
(はじめ)



昨年の秋に続き、二回目のトリ沖、楽しかったです。
帰りのボートではご迷惑おかけしてすみませんicon10
心に残る100本になりました!
(fujii-chan)






初ケラマ。
心配していた天気も体調も大丈夫で、一日とても楽しかったですicon102
意外と静かな海で癒されながら満喫しましたicon59
TAKAさん、ありがとうございました。
(MAMI)











昨日の雨はどこに。
今日はずっと晴れ間が。
もしかして雨男なのかな~
(TAGUCHI)




  

Posted by トリトン at 11:34Comments(0)トリ沖

2013年05月20日

春のトリトン沖縄出張所 5月17日編

こっちで私が滞在しているマンスリーマンションの1階にはコインランドリーがあります。
相変わらずすっきりしない日が続く沖縄地方。
洗濯物が部屋で乾かないので、
このランドリーの乾燥機をフル利用している毎日です。




さあ、そんな天気ではありますが、2013年 春のトリ沖もいよいよ終盤。
今朝はHoさんとそのご友人のTさんが来沖。

「はじめまして、トリトン沖縄出張所の橋詰ですface01
那覇空港でTさんにご挨拶。
ダイビングは午後からチービシへ行く予定。
まだ出航まで時間があるので、那覇市西町にあるお酒のディスカウントショップへ。
仕事で沖縄へ頻繁に来るTさん(右)がよく利用するお店だそうです。






私はこのお店に初めて入りました。
陳列されているお酒の品揃えが豊富なことにビックリ。
また値札を見てさらにビックリ。






お酒好きのお客さんがトリ沖に参加した際は、
このお店に案内したら、きっと喜ぶことでしょうface15


そのあとお昼ご飯。
ショップ(沖縄出張所)の隣がお弁当屋さんicon64




沖縄のお弁当も品揃え、ボリュームで低価格なことに皆さんビックリします。
ここのお店は沖縄そばまで付いて400円です。
すごいでしょ(^。^)






さあ、潜る前にショップで腹ごしらえ(^^♪




そのトリトン沖縄出張所として間借りさせてもらっているショップは、
「パラダイス倶楽部・沖縄店」さん。
今日は店内の模様替えをしていましたよ。
いやー、それにしても広い。




こちらはロギングルーム。
ここだけでトリトンの2倍以上の広さがあります。

「出張所の方が本店より広いねface15
とよく言われます(-_-;)




お弁当を食べ終わりました。
まだボート出航まで1時間弱あります。
どうやって過ごそうか二人に相談しました。

「パチンコでも行こうかね。」

「はface08?」

それはさすがに冗談とのことicon10
で、市内をちょっとドライブしながら港へ向かうことにしました。

首里?国際通り?

いいえ、違います。

松山、辻、波の上。

この町名を聞いて、今、笑った方はご存知ですよね(^。^)
そう、いわゆる男の歓楽街ルート。
これからダイビングに向かう車が走るような町ではありませんface16
その町並みの撮影はしましたが、当ブログにアップすることは控えさせていただきますface11


車内は盛り上がりましたよ。
ただダイビングの話題ではありませんでしたが…


港に到着。
Hoさんはかわいいピンクのビーサンで。




1本目はおなじみ、神山島の「ラビリンス」
迷路みたいになっていて、ガイド泣かせのポイントです。
実際、今日も迷いましたface12






ネムリブカがいました!




体長2m近くありました。
でもこんなときに限ってカメラをマクロモードにしていたので、ピントが…(>_<)
しっかり画像に捕らえることができず、残念…face14




ただ私たちの肉眼にしっかり焼き付けることはできました。
Hoさん(左)は沖縄に初めて潜って、いきなりサメと遭遇したわけだから、
超ラッキーですよねicon12




2本目の潜水地はナガンヌ島の「ナガンヌ北」。
ここはカメポイントです。
でもずっと探してたのですが、残念ながら見つけられませんでした。
ありゃりゃ・・・(*_*)
もしかしたら1本目のサメで、運気を使い果たしちゃったのかなicon15




ショップに戻ってきてロギング。
そのあとホテルにお送りしました。
夕食は仲良くお二人で。
どこに行くかはこれから決めるそうです。




私は空港に行きました。
夜便で今回のトリ沖最終組が沖縄入りするので、そのお迎えに(^^)
左からMちゃん、Fちゃん、そしてHaさん です。
めんそーれーface02




ご飯をまだ食べていないとのことだったので、
美味しい沖縄そば屋さんにご案内しました。
ここも芸能人がたくさん行くお店です。
先日も元横綱の朝青龍や、観月ありさが来たそうですよ。




場所は松山にあります。
そう、例の歓楽街です。
周辺はネオンがたくさん。
那覇の不夜城と呼ばれている地域です。
金曜の夜だから人通りも多く、とても賑わっていました。




もしかしたら昼間潜ったあの二人もこの辺りにいるかもしれませんface15

いや、必ずいるはず。
そのために昼間視察したのだから…


明朝、確認しようと思いますface16


【ゲストコメントと本人が撮影した画像】

雨のトリ沖。
でも透明度は20m以上ぬけていました。
ネムリブカに会えてよかったです。
(宝満)



天気予報は正確!
やっぱり沖縄は雨。
ビーチからボートへ予定変更。
「チービシ」と呼ばれる離れ小島へ出航!
宝満さんと初バディ。
ブランクがあり、少し緊張したけど、やはり沖縄の海は雨でも透明度は良く、素晴らしいの一言。
明日のケラマに備えて、今日はゆっくり休もうか?飲もうか?
明日が楽しみ(^^♪
(TAGUCHI)




  

Posted by トリトン at 01:52Comments(0)トリ沖

2013年05月19日

春のトリトン沖縄出張所 5月16日編

はいさい、トリトン沖縄出張所からリポートです。
昨夜の豪雨は止んだものの、今朝も厚い雲に覆われている沖縄地方icon02
そんな中、K兄さん、Kさんのお二人を乗せて、国道58号を北上中。




今日の1本目はおなじみ読谷村のジンベエポイント。
港に着いた頃から雨が落ちてきました。

「う~ん、今日も雨かーface13




この定置網の中にジンベエくんがいます。




出た~






その大きさに圧倒されたKさんは遠めからface11




ジンベエザメの寿命は100才くらいと言われています。
まだ正式に立証されたわけではないそうです。
ちなみにこのジンベエくんも年齢不詳だとか。
ただこの海で10年近くの年月は経っているそうです。




このジンベエくんはオスなのですが、
雌雄の区別はヒトと同じように性器の違いで判るそうです。




K兄さんとジンベエのツーショット。




ジンベエダイブを満喫した私たちは、そのあとまた北上して万座までやってきました。

お昼時だったので、御菓子御殿・恩納(おんな)村店へ。




ここの2階のレストランがお味もロケーションも超オススメ!




「うわー、すごいですねーface02

「雨が降っていてもこんなにきれいだから、晴れてたらもっとすごいんでしょうネ」






昼食後、ANAコンチネンタル万座リゾートホテルへicon17
ここは私が20年前に働いていた場所です。
「ただいま」って感じ(^。^)




敷地内にはリゾートウェディングのチャペルもあります。




その建物の横にある鐘をK兄さんと鳴らし、




手をつないで展望台を歩き、




ガーデンプールのパラソルの下で語り合い、




で、それらを大笑いしながらKさんが撮影するという時間帯が終了face16



ダイビングに出航です。

が、目も開けられない程のすごい雨face12




「どうせ濡れてるしー♪」
と、ボート上で余裕の集合写真。




「おんなポイント」で潜りました。
えー、ちなみに、その‘おんな’ は「女」ではなく「恩納」です(-。-)




シボリイロウミウシが交尾(?)してました。

昼間から…face16






でも写真をバシバシ撮っていると、
気が散ったのか、互いに違う方向に離れていきました。
邪魔しちゃったかな…face11
ごめん。




2本目はホテルの桟橋横からビーチエントリー。

・・・の前に、いつもの準備運動。
「ひえー」
「うぉー」
二人ともうるさい(笑)




雨が降っていた割りには、透明度は悪くなかったです。
お二人とも水中撮影に没頭。
そこに私の存在感はまったくありません(-_-;)
仕方ないので彼らが撮影している脇で、
一人横バブルリングの練習をしていました。




1時間くらい潜っていたので、さすがにブルブル。
でも大丈夫。
このホテルにはこれがあります。




そう、ジャグジーですicon97




「潜ったあとにジャグジーに入れるなんて、ここは最高ですネ☆彡」

寒がりのK兄さんからは大好評でしたface02




帰りの道程に「おんな売店」があったので撮影。
えー、ちなみに、その‘おんな’ は「恩納」です(-。-)
「女(おんな)売店」だったら大変icon10




那覇に戻って「ビッグハート」へステーキを食べに行きました。




地元の方に愛されているこのお店。
週末は1時間以上の待ち時間になることも当たり前。
お肉の質がいい割にはリーズナブルなお値段。
ガーリックの効いた特製ソースが売りです。




店内にはいろんな芸能人の色紙がずらり。




場所が国際通りから少し遠いので、車でご案内しました。
なので、私はビールが飲めませんface14




お二人は明朝の始発便(那覇7時10分発)で帰福予定。
福岡空港から直接職場に向かうそうですface12
朝はバタバタしそうだからと、今夜のうちにお土産を。
ちんすこうなどの県菓子や泡盛などは市内のスーパーが安いし(^。^)




「今回もめちゃ楽しかったー。秋のトリ沖も絶対参加するので!」
と、別れの際にKさん。
涙が出るほどうれしいですicon41

今回はお二人とも残念ながら天気に恵まれませんでした。
今秋のトリ沖は美ら空(ちゅらそら)の下で潜れますようにicon97



【ゲストコメントと本人が撮影した画像】

ジンベエ、最高でした♪
次は晴れている日に会いたいです。
(かお)









どしゃぶりの中でジンベエに。
とにかく、でかかった!
(兄さん)







  

Posted by トリトン at 20:09Comments(0)トリ沖

2013年05月17日

春のトリトン沖縄出張所 5月15日編

昨日梅雨入りした沖縄地方。
案の定、ここ数日はずっと愚図ついた天気が続いています。
そんな中、来沖したK兄さんとKさん。
同じ職場の仲良しコンビ。
昨秋に続き、トリ沖に参加してくれました。
ありがとうございますface02




あ、空港の上の雲の切れ間から太陽が出てるicon64




ただ結果から言うと、二人がこのトリ沖参加期間中に見た太陽は、
これが最初で最後となりました…face12

トリトン号(沖縄version)はTちん、K兄さん、Kさんを乗せて、
国道58号線を北上。
目指すは恩納村・前兼久漁港。
今日は青の洞窟ダイブを予定しています。

行きの車内でKさんは鼻風船を何度も膨らませていました。
耳抜き対策です。




早めに現地に着いたので、まずは腹ごしらえ。
港の近くの美味しいタコライス屋さんへ。






港に着き、出航前にストレッチをする二人。




出航前に、港の自転車を借りて、トイレに行く二人。




そして出航前に、再び鼻風船をするKさんface16




1本目はおなじみ「山田」へ。




係留しているところを撮影されました。

福岡本店の部下たちよ、この姿を見よ。
君らの上司は老体にムチ打って日々働いているぞ<`ヘ´>




先日のブログでも言いましたが、
この「山田」には国内で見れる6種類のクマノミがすべて生息しています。
今日はそのうち5種類のクマノミに逢えました。


▲セジロクマノミ


▲カクレクマノミ


▲クマノミ


▲ハマクマノミ


▲ハナビラクマノミ


一度帰港し、港で休憩。
明日は当初、本島のビーチダイブを予定していましたが、
この天候では難しそう。
そこでお客様と相談し、
急きょスケジュールを万座のボートダイブに変更することに。
現地サービスに手配しているところを撮影されました。

部下よ、上司は働いているぞ<`ヘ´>




2本目は「青の洞窟」へ。




洞窟の水面はこんな感じです。






洞窟の水中はこんな感じです。






餌付けされているので、
ボートの周辺は多くのサカナが集まってきます。




ボートに上がるころ、私に『おしっこ注意報』 が発令されました。
でもここからトイレのある港まで10分くらいなので、我慢できそうですface02




が、このボートはまっすぐ港に帰らず、
別の水域にいる海人(うみんちゅ)をピックアップしに向かいました。
そんな話、聞いてないface08
ちょっと計算外の展開にicon11

島タコをたくさん捕った海人がボートに上がってきました。




「うわー、すごーい。大きいー!!」
みんな、キャーキャー言ってます。






その脇で、声を出すこともできず、ひとり堪える私。
このときすでに『注意報』 から『警報』 に変わっていました。

こんな姿は部下に見せたくなかった・・・(>_<)




帰港し、片付け。

あ、お騒がせしましたが、『警報』 は無事解除されましたface16




車を移動して、真栄田岬の公園でロギングすることに。




10分くらい走ったところで到着。
雨はやんでいます。
ラッキーicon22








園内にあるこの展望台でロギングを。
見晴らしが最高なんですよface02




みんなに、ちょっと顔を作ってと言ったら、
こんな画像になりましたface15




崖に立って集合写真。
高所恐怖症の私はこのときお尻の穴がキュっとなっていました。




「さっき、潜っていた場所はあの辺ですよね!?」




そう、青の洞窟には、
この真栄田岬から階段を下ってビーチエントリーすることもできます。
「心臓破りの階段」と名物にもなっているんですよface01




このあと米軍基地のあるコザの町に行くことになりました。

まずは「道の駅かでな」の展望所へ。
ここから嘉手納基地の滑走路が一望できます。
過去のトリ沖でもよく行くところです。






コザの街に来ました。
私がいた20年前はとても賑やかでエキサイティングな街でした。
個人的に大好きで毎週のように遊びに通っていました。
が、最近はいろんな事件の影響で基地から出ることを自粛しているため、
人通りもまばら。
すっかりさびれた印象を受けました。
残念です。






この街の中心地にあるパークアベニュー通り。




ここはたくさんの刺しゅう屋さんがあります。
その中の1件に入ってみました。
店内はこんなにたくさんのバッジが売っています。








Kさんはお土産にこんなバッジを購入していましたよ。




夕食はこの通りにある「ミッキー」へ。
観光誌にもよく紹介される老舗レストラン。
よくいろんな芸能人が取材で訪れます。






みんな、ミッキーランチを注文しました。
このすごいボリュームでなんと700円!






お腹いっぱいになったところで、那覇へ帰りの途に。

途中、ものすごい豪雨と雷が。
ワイパーをフル稼働しても前が見えないほど…icon10
後のニュースで知ったのですが、本島中部は1時間に47ミリもの雨が降ったそうです。
明日も本島中部で潜ります。
この雨で海が濁っていないか心配です。





【ゲストコメントと本人が撮影した画像】

ツバメウオが人に慣れてて、近くまで寄ってきた。
バリかわいい。
(たばっち)



2回目のトリ沖♪
耳も抜けて、酔いもせず、
めっちゃ楽しめたダイビングでした。
明日のジンベエも楽しみです!!
(かお)



2回目のトリ沖。
青の洞窟が今までで一番楽しかった~
(にいさん)





  

Posted by トリトン at 21:27Comments(0)トリ沖